てっぺん薄毛が治らない30代男性へ AGAの本当の解決策

てっぺんの薄毛が治らず悩んでいる30代男性に向けてのブログを書いてみました。 自分自身の体験も踏まえて書いてるので参考にしてみてください(^^)てっぺんの薄毛は 一般的にm字より治りやすいと言われます。確かに情報を見てるとそう感じはしますが 難易度は低いわけじゃないと思います。中途半端な対策では遺伝には対抗できないのだと 身をもって感じましたがそのおかげでAGAの根本対策にも気づけました。数々の育毛法や 発毛法の問題点をはじめ本当の解決策もご提案していく予定です。

ドラッグストアの育毛剤はどれも期待はずれ|ランキングは意味なし

ドラッグストアは薬以外にもいろんな品物が
売られるようになってきてるだけでなく、
最近はスーパーで買うより食料品が安いなどの
事情もあって店舗数がかなり多くなってます。

ということであなたがお住まいの地域にも
店舗がいくつか建っているかと思います。

今ではいろんなお店で置かれるようになりましたが
育毛剤を買うとしたらドラッグストアが基本でした。

現在でも商品のラインナップは他店より多いので、
そこでいつも買っている人は地味に多いかもしれません。

ただ最近はネットでもふつうに買う時代になったので、
買うのが恥ずかしい方はネットショッピングを
利用して購入していると思います。

ネットだとどこにもいかずに購入できるので便利ですし
店頭ではわからない情報も入手できるので
すごく参考になる便利な技術です。

紹介サイトも増えてきておりランキング形式で
作られてるページもあちこちで見かけます。

でもそれらが良いと言いたいのではありません。
むしろ悪いと言いたいものになります。

なぜかというと、そもそもドラッグストアで売られてる
育毛剤はどれも効果が期待できないシロモノなので、
使う意味はほとんどありません。

薬局の育毛剤はほとんどが大衆向けに作られてるもので、
値段も非常に安いですよね?数百円とか1000円ちょっととか
そのようなレベルのものが大半を占めています。

値段で全てを決めることはできないですが、
それなりの技術や研究を行って製品化すれば
それなりの値段がついてくるものです。

つまり安いものほど大した成分も技術もない可能性が高く、
あまりにも構成がシンプル過ぎて気休めにもなるかどうか
かなり怪しいものと言えるのです。

特にテレビCMをバンバン流しているものは要注意です。

そこに使うお金があるのならもっと商品力を
高めることに力を注ぐべきだと思うのです。

安価な製品で共通してるのは髪を増やすのではなく
現状維持を目的としたようなものが多いということです。

その程度のものでは髪を増やすことは当然難しいですし、
抜け毛を減らすこともままならないと思います。

ちなみに薬局にはおそらく日本で一番有名な
リアップという育毛剤も売られていますが、
それも実は大した性能はありません。

有効成分のミノキシジルは確かに強力な成分ですが、
それだけに頼っているような構成なので、
なかなか効果が出にくいのです。

育毛剤で大切になるのは成分が強力なのはもちろんですが、
他にもいろんな成分を配合して相乗効果を狙うことです。

どんな成分でも単独では効果がどうしても弱くなり、
結果が出るまでにすごく時間がかかってしまいます。

よって育毛剤選びで最大級に大切なポイントは
成分数がなるべく多いものとなります。


→この育毛剤ほど成分の数が多いのはネットを含めてもこれだけです

要注意な薄毛対策カテゴリに書いた記事アーカイブ

  1. ドラッグストアの育毛剤はどれも期待はずれ|ランキングは意味なし
  2. スカルプdでコシが出るからくり|育毛効果が出たわけではない
  3. 発毛効果があるシャンプーはありません|洗髪をする意味とは?
  4. 頭皮の脂がはげる原因ではない|サロンの理論は明らかにおかしい
  5. 薄毛の治療は大学病院が最適ではない|皮膚科はどこもほぼ一緒
  6. 髪に人工毛を結びつける増毛方法は単なる浪費になるので要注意