てっぺん薄毛が治らない30代男性へ AGAの本当の解決策

てっぺんの薄毛が治らず悩んでいる30代男性に向けてのブログを書いてみました。 自分自身の体験も踏まえて書いてるので参考にしてみてください(^^)てっぺんの薄毛は 一般的にm字より治りやすいと言われます。確かに情報を見てるとそう感じはしますが 難易度は低いわけじゃないと思います。中途半端な対策では遺伝には対抗できないのだと 身をもって感じましたがそのおかげでAGAの根本対策にも気づけました。数々の育毛法や 発毛法の問題点をはじめ本当の解決策もご提案していく予定です。

薄毛の治療は大学病院が最適ではない|皮膚科はどこもほぼ一緒

薄毛はもうすでに何十年も前から治せる時代へと突入しています。

テレビやネットでは対策品の宣伝が数多くされるようになり、
近年は病院に行くことも推奨されるようになりました。

病院では治療薬を処方してもらえるので、
胡散臭い育毛サロンとは比べ物にならないほど効果的です。

病院とは主に皮膚科のことを指しますが、
たいていのところではプロペシアを常備してると思われるので、
近所でも遠方の大学病院付属の皮膚科でも処方してくれると思います。

薬とはプロペシアのことで、
あなたも聞いたことがあると思います。

効能を簡単に説明するとてっぺんなどの髪が薄くなる
AGAという脱毛症の根本原因を減らします。

男性ホルモンの一種が強力なものに変化し、
それが髪に作用することで抜け毛が増えるのですが、
プロペシアは変化するのを防止する効能があります。

その薬が世に登場するまで根本的な対策というのは
全くなかったのでとても画期的な薬なんですね。

ということで今でもその対策が鉄飯になってるのですが、
ひとつ注意点があります。

それは薬や病院に頼っていてはダメだということです。

多くの方は病院などにかかっていれば安心と
高をくくる傾向にありますがそれでは昔のような
ふさふさした髪を取り戻すことはできません。

なぜなら薬はあくまで薄毛の悪化を食い止めるものだからです。

悪化を阻止する=回復と思ってる方は多いかもしれませんが、
実際そううまく行かないのがAGAのやっかいなところです。

たしかに薬を飲むことで薄毛の悪化を食い止めたり、
緩やかにすることはできるんですが、
そこから先の対策が最も重要になるんです。

男性ホルモンなどの悪影響を受けた髪の毛(細胞)は
成長速度が極端に落ちている、つまりなかなか
伸びてくれない状態ですごく弱っているのです。

そこで活性化させる対策をプラスしてあげないと、
思ったように成長してくれないということになるんです。

大学病院は大きいところだからきっと大丈夫などと
思っている人も多そうですが、所詮は皮膚科なので
簡単なアドバイスとプロペシアを処方してくれるだけで、
近所の小さな皮膚科とやってくれることはほぼ同じです。

ですから病院にいっているだけでは
満点の対策とは到底言えないってことになるのです。

ちなみにミノキシジルという薬があります。

それはAGAの原因とは直接関係はしないのですが、
血流を改善させたり特殊なタンパク質を生み出すなどして
育毛を促進する効能があるということで、
プロペシアとセットで使うことが推奨されてます。

日本ではリアップという育毛剤に含まれてるので
すごく有名になっていますね。

でもそれも医薬品であることは一緒なので、
根本的な対策をしない限りほとんど意味を成しません。

根本的な対策とは何かというと、
髪が生えやすい体質を作り上げることをいいます。

それをアシストしてくれる(促してくれる)のが
天然成分で構成された育毛剤とサプリです。

天然成分は医薬品より劣ると言われる事が多いですが、
薬は効果が一点集中型であるのでどちらのほうが良いなどとは
簡単に決めることはできません。

天然成分だと栄養補給や頭皮環境の改善など