てっぺん薄毛が治らない30代男性へ AGAの本当の解決策

てっぺんの薄毛が治らず悩んでいる30代男性に向けてのブログを書いてみました。 自分自身の体験も踏まえて書いてるので参考にしてみてください(^^)てっぺんの薄毛は 一般的にm字より治りやすいと言われます。確かに情報を見てるとそう感じはしますが 難易度は低いわけじゃないと思います。中途半端な対策では遺伝には対抗できないのだと 身をもって感じましたがそのおかげでAGAの根本対策にも気づけました。数々の育毛法や 発毛法の問題点をはじめ本当の解決策もご提案していく予定です。

髪が薄くなってきてしまったらシャンプーを変えるのが最良の対策?

現代人は髪が薄くなってきたと実感する方が非常に多くなってきてます。

それは男性だけじゃなく女性でもそうなので
いかに現代が不健康と隣り合わせかが覗えます。

おそらくその中で多くを占めると思われるのが
シャンプーが悪いんじゃないか?と思う方。

シャンプーは薄毛でない人でも日常的に使うものなので、
育毛対策の経験がない方にとって、ヘアケアといったら
それくらいしか思い当たらないのも無理はありません。

こういうともうお察しかもしれませんが、
シャンプーを変えることが薄毛脱却の大きな足がかりにはなりません。

あとカラーリングやパーマを長年してたから?
などと思う人もけっこうおられますが、
それもシャンプーよりかは髪に悪いといえますが
薄毛の根本の話とは遠いものとなります。

髪が薄くなる原因はいろいろ考えられます。

まず大多数の方が思い浮かべるのは頭を汚くしていたら禿げるという話。

たしかに頭の皮膚である頭皮は体毛が一番密集していることに加え、
体の中で最も脂っぽくなる場所なので不潔になりやすい特徴があります。

皮膚から分泌する脂を皮脂(ひし)といいますが、
それを長らく放置すると皮膚に棲み付いてる細菌の餌を
増やしてるようなものなのでどんどん繁殖が進みます。

菌は誰の皮膚にも存在するものであり、
増えなければ外敵の侵入を阻む味方になってくれます。

しかし、その菌も増えすぎて体内に入ってくるのはまずいので
増えすぎたら免疫システムが働いて炎症がおきます。

炎症は正常な細胞も傷つける生体反応ですので、
当然髪の毛の生育にも影響するといえます。

しかし、頭皮の炎症が原因で髪が薄くなるというか
たくさん抜けるというのはよほど重度な症状に
陥ってる人しかありえません。

ですから育毛サロンでよくいわれる毛穴に皮脂が詰まってるから
危ないなどの主張は間違いもいいところなのです。
(そう言いくるめて不安を仰ぎセールスを仕掛けてきます)

ただシャンプーは近所のお店で数百円で売ってるような
粗悪品だと頭皮を傷つける上に皮脂の量も増やしますから、
少し高いですが頭皮に優しいアミノ酸系を使うのが大事になります。

※皮脂は膜となって皮脂の表面を覆って水分蒸発などを防ぐ
バリアみたいな機能を果たしてるのである程度は必要です。

※安価なシャンプーだと台所洗剤と変わらない洗浄力があるので
皮脂が一時的に不足した反動でどっと増えてしまうのです。


ただここからが重要なのですが、
シャンプーは頭皮表面のケアをしてるに過ぎないので
薄毛対策の根本的な対策にならないんです。

つまり育毛剤を使わないと薄毛の原因はもとより
髪を根元から太く丈夫にすることはできないのです。

つまりシャンプーは洗浄剤で、
育毛剤は髪の根元に栄養を補給するものなので
役割が全く違うというわけです。

よってシャンプーを変えるだけでなく、
育毛剤もプラスしないとこれからもどんどん
髪が細くなってスカスカになる可能性大です。


⇒ 育毛剤を選ぶコツは育毛成分が多いもの