てっぺん薄毛が治らない30代男性へ AGAの本当の解決策

てっぺんの薄毛が治らず悩んでいる30代男性に向けてのブログを書いてみました。 自分自身の体験も踏まえて書いてるので参考にしてみてください(^^)てっぺんの薄毛は 一般的にm字より治りやすいと言われます。確かに情報を見てるとそう感じはしますが 難易度は低いわけじゃないと思います。中途半端な対策では遺伝には対抗できないのだと 身をもって感じましたがそのおかげでAGAの根本対策にも気づけました。数々の育毛法や 発毛法の問題点をはじめ本当の解決策もご提案していく予定です。

体毛が濃い人は髪も薄い?-脱毛症と無駄毛の多さは関係ない

人間社会には実に様々な噂話がはびこっており
デタラメでも信じてしまいがちなものがいくつかあります。

髪に関する噂でも一部そのようなものがあります。

体毛が濃い人は髪が薄いと言う類の話です。

あなたも一度は聞いたことがあると思います。


薄毛の原因は男性ホルモンであることがわかっています。

そして頭の上部以外の部分の体毛は
男性ホルモンにより成長が促されていることもわかっています。

つまり体毛が濃いということはそれだけ男性ホルモンの
量が多い持ち主であり、ハゲやすいのではないか?
という連想が自然に生まれたのだと思われます。

たしかに理屈としては完全に間違っていませんが、
必ずしもそうとはいえないので勘違いしないようしましょう。

なぜかというとAGA(男性型脱毛症)は
男性ホルモンの量だけで決まるものではないからです。

AGAは男性ホルモンの一種であるDHTが、
毛根の細胞に作用することで髪の成長を阻害することで発症します。

DHTを含めすべてのホルモンは細胞内にある
受容体(レセプター)というタンパク質とくっつくことで
はじめてその作用を発揮するようにできています。

AGAが発症するかはその受容体とDHTが
どれだけ結びつきやすいかどうかで決まります。

結びつきやすさは遺伝で決まっています。

つまり男性ホルモンの分泌量が多い体質だとしても
DHTと男性ホルモンレセプターが結びつきにくいと
ハゲやすい体質とはならないのです。

ですから必ずしも無駄毛が濃いからといって
その人が将来ツルツルになるとは限らないのです。

そしてもしAGAを発症しやすい体質だとしても
対策法はいろいろあるので道が閉ざされたわけではありません。

よってあなたが体毛が濃い持ち主だったとしても
全く気にする必要はないのです。

本当に気にすることはどうやって薄くなった毛を
元通りの太さや量に戻していくかということです。

オーソドックスな方法としてはプロペシアなどの
薬を飲んでDHTの量を減らすことになりますが、
それだけでは十分な対策とはいえないので
回復できる可能性はかなり低いです。

髪が生えたと実感する人は多いですが、
劇的に改善できるのはほんの一握りの人だけです。

臨床試験ではほとんどの方に結果が出たとされますが、
それはフサフサに戻ったという意味ではありません。

本当に大事なのは髪が生えやすい体に変えていくことです。

薬を飲んでも全く結果が出ない人もすごく多いんです。
それは薬にばかり頼って髪が育ちやすい体質にする
努力を怠っているからに他なりません。

あなたはまだ重症ではないかもしれませんが、
いまのうちにその考えを身につけておかないと
依存が癖になって副作用ともずっと付き合う羽目になります。

よってまずは育毛剤で髪を増やしつつ
体質の改善も同時に行う方法が最適です。

それなら薬の副作用で体毛がさらに濃くなる心配はないので
安心して育毛対策に専念できるので一石二鳥です。