てっぺん薄毛が治らない30代男性へ AGAの本当の解決策

てっぺんの薄毛が治らず悩んでいる30代男性に向けてのブログを書いてみました。 自分自身の体験も踏まえて書いてるので参考にしてみてください(^^)てっぺんの薄毛は 一般的にm字より治りやすいと言われます。確かに情報を見てるとそう感じはしますが 難易度は低いわけじゃないと思います。中途半端な対策では遺伝には対抗できないのだと 身をもって感じましたがそのおかげでAGAの根本対策にも気づけました。数々の育毛法や 発毛法の問題点をはじめ本当の解決策もご提案していく予定です。

プロペシアとリアップを併用しても発毛しない人が多いのはなぜか

薄毛対策で基本になるのは薬を使うことです。

薄毛というと範囲が広いですが、
殆どの場合は男性ホルモンが原因のAGAですので
それを効率的に抑制するには薬が有効となります。

そして細くなった髪を太くするには
男性ホルモンの抑制+αがポイントということで
よくミノキシジルの併用を勧められます。

つまりプロペシアとリアップを同時に使うことが
最も効果的な薄毛対策とされています。

たしかに薄毛の原因を取り除いたのち、
髪を増やす要因を増やすのですから
理にかなった方法に思えます。

ところが現実はゲームのようにうまくいきません。

万能薬はないのが当然ですが、
最も推奨される方法を続けたとしても
全然薄毛が解消出来ないという人が多いのです。

多いというかほとんどの人がそうだと思われます。

しかもそれは比較的治しやすいとされる
頭頂部の薄毛で悩んでいる人でもです。

薬の効き方にも個人差はあるのですが、
世の中の現状を見ると個人差というには
あまりにも乱暴で雑な片付け方だと思います。

なぜ最強とされる方法をがんばって続けても
成果が出てくれないのでしょうか。

いろいろな理由が考えられますが、
ひとマトメにいうと薬に頼りすぎているからです。

おそらく多くの方がこう思っているはずです。

薬を使っていればいつかなんとかなるだろう、と。

しかし現実は全然進展がないので
次第にあせりと疑問を持ち始めるようになります。

あなたも現在そのような状況下にあるのではないでしょうか?

薬が重要なのは間違いないのですが、
それだけで髪は十分に生えてきません。

薬はあくまで髪が生えやすいようにするための
サポートの一つにすぎないからです。

プロペシアの効能は男性ホルモンを抑制してくれるだけ、
ミノキシジルは血行を促進するきっかけをくれるに過ぎません。

他にも特殊なタンパク質の産生を促す効能もありますが
それは体の中にある栄養が元になってるのは言うまでもありません。

つまり薬を使いつつも体内からもケアをしないと
なかなか発毛しやすい本当の環境は生まれないのです。

薬はいわば一極集中型の対策であり、
体の健康までまかなう能力は備えていません。

だから天然成分も一緒に駆使した方がいいわけです。

頭皮にはミノキシジルだけでなく頭皮環境も良くしつつ
育毛効果も高い方法に変更、もしくは併用する。

体内からは生活習慣を気をつけるのはもちろん
サプリで最低限の補助を行う。

そのように対策していかないといくら薬を使っても
満足行く結果は得られにくいのです。

ということで新たに取り入れるべき育毛対策は
強力な天然成分を配合しているのはもちろん、
豊富な種類の成分が含まれ、なおかつサプリもセットに
なっているものが好ましいといえます。

現在それに該当するような製品はいくつかありますが、
中でも成分数の多さにこだわっているのはチャップアップだけです。