てっぺん薄毛が治らない30代男性へ AGAの本当の解決策

てっぺんの薄毛が治らず悩んでいる30代男性に向けてのブログを書いてみました。 自分自身の体験も踏まえて書いてるので参考にしてみてください(^^)てっぺんの薄毛は 一般的にm字より治りやすいと言われます。確かに情報を見てるとそう感じはしますが 難易度は低いわけじゃないと思います。中途半端な対策では遺伝には対抗できないのだと 身をもって感じましたがそのおかげでAGAの根本対策にも気づけました。数々の育毛法や 発毛法の問題点をはじめ本当の解決策もご提案していく予定です。

頭頂部の薄毛にはリアップが最適?やけにおすすめされる理由

頭頂部の薄毛対策として定番なのが育毛剤ですが、
数がありすぎて選ぶのに苦労するというのが
現代の悩みの主流になっている感じです。

そんな中、登場以来ずっと異彩の輝きを放つのがリアップです。

水谷豊がCMキャラクターを勤めてるその育毛剤は
しつこくなく程よい頻度で見かける感じで、
あなたも見たことがあると思います。

CMで印象づく表現にこんなのがあります。

「日本で唯一髪が生える効果が認められています」

というもの。

育毛剤の広告としても異彩を放つ表現方法ですが、
かなりインパクトがありますね。

最近はネット販売も出来るようになったりと
いろいろ話題に上ることが多い製品ですが、
なぜそこまでおすすめされるのでしょうか。

理由は医薬品のミノキシジルが含まれてるからです。

ミノキシジルとは男性型脱毛症に最も効果的であると
太鼓判を押された医薬品のひとつで、
プロペシアと同様に世界中で利用されています。

効能は血行を促進したり髪の成長に欠かせない
タンパク質の生成を促したりするもので、
いわゆる育毛を直接的に行うというものです。

プロペシアが薄毛の進行を抑えるものに対し、
ミノキシジルは毛成長を促すものになります。

頭頂部の薄毛は比較的治しやすいことなどから
特に推奨される対策となっています。

プロペシアだけでも回復は見込めますが、
それだけでは結果が出るのに時間がかかりすぎるので
少しでも時間を短縮したいときには
リアップがよくおすすめされたりします。

ということで現代の薄毛対策のトレンドは
圧倒的に医薬品を使った方法となっています。

医薬品はなんだかんだいって効果が高いので
それが真っ先に推奨されるのは自然な流れですが、
実はリアップは最適かというと語弊があります。

さきほどリアップがやけに薦められる理由は
ミノキシジルが含まれてるからとお伝えしましたが、
実は一般的な推奨理由はそれだけなのです。

つまりミノキシジル以外に育毛に有効とされる成分は
一切含まれていないので効果は思ったより出ないのです。

その証拠にリアップを長年使い続けても
気休め程度にしかならないという人が大多数を占めます。

どんなものでも個人差がありますので、
人によって効果の出方に差が出るのは当然ですが、
ほとんどの人が満足できないのであれば
個人差があるというのは少々乱暴だと思われます。

育毛剤で大切なことは何も薬が含まれてることだけではありません。

薬を含んでても濃度が低ければ当然効果は弱まりますし、
濃度を高くしすぎてもミノキシジルは固まりやすくなるので
逆に浸透性を悪くしてしまうこともあります。

それに副作用の危険性も高くなるので、
万人に使うことができないという大きな欠点があります。

本当の理想は薬を使わずに天然成分を主体にしたものを
使っていくことだと思います。

それだけだと巷の育毛剤となんら変わりないですが、
そこで重要になるのが成分の質と数です。

ほとんどのものはどれにも含まれてそうな
当たり前の成分しか含んでいない上に配合量が少なすぎるので
効果が期待できないのは当たり前なのです。

少なくともこの育毛剤くらいの量を入れてもらわないと
思ったようにうまくいかないと思います。