てっぺん薄毛が治らない30代男性へ AGAの本当の解決策

てっぺんの薄毛が治らず悩んでいる30代男性に向けてのブログを書いてみました。 自分自身の体験も踏まえて書いてるので参考にしてみてください(^^)てっぺんの薄毛は 一般的にm字より治りやすいと言われます。確かに情報を見てるとそう感じはしますが 難易度は低いわけじゃないと思います。中途半端な対策では遺伝には対抗できないのだと 身をもって感じましたがそのおかげでAGAの根本対策にも気づけました。数々の育毛法や 発毛法の問題点をはじめ本当の解決策もご提案していく予定です。

薄毛用塗り薬の困った欠点|ミノキシジルには様々な副作用がある

髪の毛が薄くなってきたと感じてしまったら
おそらく多くの方が育毛剤を検討しだすと思います。

近年は薄毛用の塗り薬も一般に広く普及してるため
あなたも試したくなったか、すでに試してるかもしれません。

薄毛の塗り薬といったらいろいろあるのですが、
基本となるのはミノキシジルになります。

リアップの有効成分ということで
かなり有名な成分名となっている今日このごろですが、
医薬品であるため推奨されることが多いです。

ところがミノキシジルの副作用について
あなたはどれだけのことをご存知でしょうか?

ミノキは確かに効能は認められていますが、
効果が強いぶん副作用が強いことでも知られています。

よくあるのが肌に合わずかゆみや赤みが発生する
いわゆる皮膚疾患に関する副作用です。

それは一緒に含まれてるアルコールや添加物が
反応している可能性もありますがミノキシジルの
副作用にもそのようなことが起こる可能性が
あることがしっかりわかっています。

肌が荒れると抜け毛が増える恐れがあるので
逆効果になりかねません。

そして肌荒れよりもっと怖いのが心臓への影響です。

ミノキシジルの主な効能は血流を促進することですが、
それにより心臓へ送られる血液の量が一時的に増して
負担が増えることが広く知られています。

心臓に病気を持っている人は使ってはいけませんと
注意喚起されているのはそのためです。

証明はされていませんがミノキシジル育毛剤を
使った人の中には循環器疾患で死亡したケースもあります。

それは疾患を持っていた人に限定される話だと思いますが、
健康体でも油断してはならないものだと思います。

他にも血流量が変化することなどから脈拍の変化や
手足のむくみ、体重の増加、体力の低下、胸の痛みなど
様々な副作用が起こる可能性があります。

便利なものほど裏があるものですが、
薬はその典型例ではないでしょうか。

外用剤なら内服薬と違って体に入る量が少ないことから
影響は少ないといえますが人によっては心拍数が
明らかに上がるなどの症状を訴えているので、
どんな方法でもやはり油断は禁物となります。

よって理想は薬に頼らず育毛を促進することですが、
一般的にその方法は微妙と認識されてます。

たしかに薬と比べると効果の出方に違いはありますが、
何も国が認めているものだけが効果がある、
というわけでは全くありません。

むしろそういう考えでは視野が狭まり、
効果的な育毛法と全然出会えないことにも繋がります。

ではミノキシジル(リアップ)に代わる育毛剤とは何かというと、
効果が強力な天然成分が配合されつつその他の成分も
これでもかというくらいふんだんに配合されたものです。

ほとんどの育毛剤で共通しているのは
配合成分が弱いことと配合数が少ないことです。

それでは強力な効果が生まれるわけがないので、
気休めにもならないというわけです。

ちなみに天然成分だと副作用は一切なく、
効きにくくなる耐性や使用を中止したら
すぐ悪化するリバウンド減少もありません。


→配合成分数が日本で一番多い育毛剤